酵素ドリンクを使い分けよう!3種類の酵素ドリンクと違いとは

ドリンクとして販売されている酵素ドリンク

酵素ドリンクとして最も一般的なのはドリンクとして販売されている酵素ドリンクです。ただ飲めば良いという気軽さがあることに加えて、多数の野草やきのこなどを原料として発酵をすることにより多様な酵素を含んでいます。その原液を特別な加工をせずに使用しているのが基本であるため、酵素ドリンクとしては最も酵素にも栄養にも優れているのが特徴です。高い効果を発揮させたいという目標があるときには選ぶと良いでしょう。栄養補給にも適している酵素ドリンクです。

溶かして飲める酵素ドリンク

市販されている酵素ドリンクには粉末になっていて溶かして飲めるものもあります。これは原料として用いているのが植物発酵エキスであり、基本的にはドリンクとして販売されているものと同じです。しかし、大きな違いは加工を行って乾燥させているかどうかでしょう。その間に失われてしまっている成分もあり、酵素の一部も壊れてしまいます。多種多様な酵素や栄養素を含んでいるものの、量ではドリンクに劣ってしまうのです。しかし、他の飲み物に混ぜて飲むことができたり、保存がしやすかったりするため、応用の幅が広くて使いやすいのが特徴です。

自分で作る酵素ドリンク

市販の酵素ドリンクを用いずに自分で酵素がたくさん含まれているドリンクを作ることも注目されるようになりました。果物や野菜などをグラニュー糖と混ぜて発酵させることで作るものであり、コストがあまりかからないのが魅力的な点です。ただし、酵素の種類は使用した果物や野菜に由来するものだけになるため、市販のものに比べると劣ってしまうでしょう。しかし、発酵によって酵素は豊富に含まれるようになっていて、非加熱で生のまま飲めることから失われる成分がないのも特徴です。低コストで続けたいと考えたら良い選択肢になるでしょう。

酵素ドリンクとは食物酵素を毎日の食事で、補うのが難しい方に手軽に、摂取できるよう開発されたものです。